ティンクルスターの着付の過程 その

楽しみにしてた新元号の発表。

TVの前で正座して視聴しました。

 

令和…れいわ…良い響き♪

 

施行されるのは新天皇即位の5月1日。

今から楽しみですヽ(´∀`)ノ

 

さて。

今日は新しく完成したティンクルスターの

着付の過程を紹介したいと思います。

 

ティンクルスターは人形本体サイズ5,8cm。

用意した衣装はこちら↓

 

20190411t1.jpg

 

まず靴下をはかせます。

靴下はミニチュアドール制作初期から悩みの種で

脱がせられる靴下なども試しましたが、

結局、私の腕ではレースを貼りつけるのが

一番綺麗な仕上がりになるみたい。

 

ティンクルスターは衣装の脱衣できますが

靴下だけはレース貼り付け。

 

20190411t2.jpg

 

パンツは普通にはかせて、

後ろでビーズ+ループで留め。

 

20190411t4.jpg20190411t5.jpg

 

去年から生活の都合で多忙と思うように制作時間がとれなくて

そういうストレスの影響なのか凝った衣装が造りたくなります。

 

私の場合、作業が細かければ細かいほど、

脳がスッキリするんですよね〜(^_^;)

 

衣装の生地は上品なベージュのシルク。

ティンクルスターはアンティークドールみたいな

どっしりとした体型なので、この系統のお洋服を着せると

いかにもお人形らしい雰囲気になります。

 

20190411t6.jpg20190411t7.jpg

 

次、靴いきまーす。

 

いつもの羊革の靴です。

 

20190411t8.jpg

 

大きさは10円硬貨を参考に☆

 

20190411t9.jpg

 

靴も大きなお人形と同じ手順ではかせています。

まず紐を通します。

 

20190411t10.jpg

 

足にはかせます。

 

20190411t11.jpg

 

紐を結びます。

 

20190411t12.jpg

 

蝶々結びします。

紐を長くしてあるので余裕で結べます(^^♪

 

20190411t13.jpg

 

輪を丁度いい大きさまで引き締めたら

紐の端を適度な長さになるようにカットします。

 

20190411t15.jpg

 

同じ手順で、反対の足にも靴を履かせて足元の完成。

 

20190411t16.jpg

 

次はカツラを被せます⇒

トラックバック
この記事のトラックバックURL