うさぎのリリィちゃん 

銀座人形館のミニチュアドールフェアも無事終了したようです。

応援して下さった皆様方、どうもありがとうございましたきらきらハートゆう★

また来年の出品も楽しみにしていてください。

 

ミニドールフェアの搬入を済ませた後は作りかけだったリボンちゃんの衣装を作ったり

これから紹介する新作のウサギのリリィちゃんなどを作っていました。

 

webショップの更新が途中になっていたのですが、

近日中に5体ほどup出来そうです。

日時が決まったら、またこちらで告知します。

 

で、今日の本題。

この子が新作の、うさぎの「リリィ」ちゃん。

 

 

サイズは大きめの10.3cmです。

もちろんゴムジョイントで手足可動。

 

ちょうど旧タイプのウサギ2.4cmの大きいバージョンな感じ。

 

旧タイプのウサギちゃんと一緒に↓↓

 

20161212Lilly6.jpg

 

リリィちゃんのバッグは、旧ウサギを入れてリリィちゃんに持たせたら可愛いかな?と

テスト的にざっと編んでみたもの。

 

20161212Lilly3.jpg20161212Lilly4.jpg

 

編み図なしのぶっつけ本番編みでしたが、うまくサイズが合いました ゆう★手

 

旧ウサギちゃんは、もう新ウサギちゃんに世代交代したのですが

まだモールドが残っているので今回久しぶりに制作。

 

目はガラスではなく描き目です。

いつもの●い目ではなく、この子はひし形◇に描きました。

●目は可愛い表情になりますが、こちらはかっこいい雰囲気になります。

 

 

この旧ウサギちゃん、もうモールドが使い古してボロボロなので

近いうちにモールドを作り直し、

名前も「リリィmini」に改名しようと思います。

 

20161212Lilly5.jpg

 

このリリィちゃん。

実は原型は私の作ではなく、親族の小学6年生の女の子がつくったものです。

 

夏休みの自由研究?かなんかの宿題に

ビスクドールの作り方の研究をするから教えてほしいということで。

 

最初、頼まれたときは「いや、無理でしょ…ゆう★」と思ったのですが

とりあえず完成予想図を描くように言うと、

 

 

20161212Lillys.jpg

 

ささっと描きました↑

 

イメージがしっかりできている様子なので、

さっそく粘土板とラドール(石粉粘土)を渡して練るように指示。

 

20161212Lilly_m1.jpg

 

ラドールはちょっと硬めの粘土だけど

がんばって練り練り練り…

 

20161212Lilly_m2.jpg

 

「粘土が柔らかくなったら、作り始めていいよ」って言ったら

いきなり粘土の塊から一気にうさぎの形を作る!

子供だからか、一切の迷いがない びっくり

 

20161212Lilly_m3.jpg

 

やすりで磨かせる。

表面がボッコボコだったので、ここで少し手伝う。

 

20161212Lilly_m4.jpg

 

なんとか形になってきた。

 

最後に私が、どうしようもない個所だけ修正して原型の出来上がり。

 

20161212Lilly_m5.jpg

 

左上のマシュマロみたいなのは、ウサギの背負う「リュック」だそう。

リュックの中に小物を入れられる「うさぎの小物入れ」なんですって。

 

モールド作業以降は、小6女子はお手伝い程度でほとんど私がやりましたてへ

 

そうして、夏休みの宿題の「リリィちゃん一号」完成。

 

 

はい、良く出来ました花丸

この後のリュック作りは自力でどうにかしたみたいです。

 

宿題提出後、苦労してつくったモールドはもう用なし。

我が家の作業部屋の片隅で埃をかぶっていました。

 

このうさぎ人形、もちろん完璧な形ではありませんが

なかなか可愛く素朴な仕上がりだったので

この度、私が小6女子から引き継いで制作を続けることにしました。

 

20161212Lilly1.jpg

 

この小6女子も、

いつか本格的に人形作りに興味を持ってくれると嬉しいのですがゆう★

 

明日は、出来上がったリボンちゃんの紹介をします。

 

JUGEMテーマ:ミニチュア